【梅雨】5月の宮古島でのフォトウェディングはとってもオトクでした!

国内旅行
スポンサーリンク

こんにちは。DSKです。

2022年2月に結婚した僕達は結婚式を挙げない代わりに、5月に宮古島でフォトウェディングをしてきました。

季節は梅雨だったのですが、とても親切なフォトウェディング会社さんのおかげで、一生の思い出になる写真を撮って頂くことが出来たので、今回はその時の事についてまとめます。

旅行前の準備

リスト作成
UnsplashGlenn Carstens-Petersが撮影した写真

何故梅雨の宮古島にしたのか

宮古島を選んだ理由は単純に、僕が今まで訪れた海の中で一番綺麗だったからです。時期を梅雨真っ盛りの5月にした理由は2つあります。

昔5月に来た時天気が良かったから

以前訪れた時も5月で梅雨真っ只中だったのですが、その時は4日間の内2日曇りで2日晴れだったので、宮古島なら梅雨でも半分位は晴れるだろう位に考えていました。

また台風が来る時期ではないので、料金の高い真夏に来て台風の影響で帰れなくなるよりはマシだろうという理由もありましたね。

ツアー代金が安い

宮古島旅行はゴールデンウィーク以降~6月までが一年を通じて値段が一番安いです。

コロナ禍で新婚旅行に行けるかも分からないし、値段も抑えられるならちょっといい所に泊まっちゃおうかという算段もありました。なおこの時の僕は2ヶ月後に新婚旅行に行く事になるとは夢にも思いませんでした…。

2月にツアーを予約

2月頃にツアーを探し始めたのですが、散々調べた結果『ジャンボツアーズ』という会社のツアーが断トツで安かったです。

聞いた事が無い会社だったので当時調べてみたのですが、本社が沖縄県那覇市にある会社で、沖縄旅行に関しては他社より10~20%程度安い値段設定になっていました。

僕達はシギラリゾート内の宿を探していたのですが、3泊4日で11万円~という相場でした。そんな中ジャンボツアーズだけが、アラマンダ・インギャーコーラルビレッジに宿泊するプランを10万以下で提供していたのです。

知らない会社だったので利用への不安はありましたが、結果的には希望通りの旅程を格安で組めたので大満足です。沖縄に行く時はまた利用しようと思っています。

ジャンボツアーズにご興味がある方は下記のバナーからどうぞ。

oka-otoku
oka-otoku

夫婦で5ヶ月間ダイエット

結婚式やフォトウェディングの予定がある人達の多くはダイエットに挑んでいると思います。

僕達も一生の記念なのでダイエットして最高に綺麗な状態で写真に納めよう!と決意し、5ヶ月程ゆるいダイエットを続けました。

料理は手が空いている方が作っていたのですが、甘いものが大好きな妻の為に、低糖質スイーツをほぼ毎日作っていましたね。

天然素材由来の甘味料「ラカント」があれば大抵のデザートは作れます。基本的には「ラカント ホワイト」を使い、チョコレートなどのラカントが溶けにくい物に使う場合は「ラカントシロップ」を使う様に使い分けていました。

簡単な所だと、チーズケーキ、クッキー、クレマ・カタラーナ、コーヒーゼリーあたりで、特に面倒臭かったのはあんこですかね…大抵クックパッドYoutubeを見ながら作っていたのですが、何ヶ月も続けているとさすがに慣れてくるので、レシピを見なくても作れる様になっていました。

そんな感じで途中ちょいちょい暴飲暴食を挟みつつ、最終的に二人共5kgほど落としました。

created by Rinker
¥2,840 (2024/02/21 20:33:35時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥668 (2024/02/21 20:33:35時点 楽天市場調べ-詳細)

妻を白く見せる為に肌を犠牲に

妻のMatchは元々地肌が少し黒めな事を気にしていました。

僕は全然気にしていなかったのですが、やはり女性は美白に憧れるんですね。なんとかしてあげられないかな~?と考えた結果、ある日唐突に閃いてしまったのです。

「もしかして僕が黒くなれば目立たないんじゃない?」

新郎は結婚式のオマケだし、何色でも構いませんからね笑
非常に単純ですが、妻を白く見せる為だけの僕の日サロ通いが始まりました。人生初の日サロは緊張しましたね…。こんな理由で日サロに行く人そんなに多くは無いんじゃあないかな…。

結局5回日サロに通った結果、友人にも「どこ行ったの?真っ黒じゃん!」って聞かれる位には黒くなりました。「日サロだよ」って言った時の反応がいちいち面白かったです笑

絶望の週間天気予報

大雨

旅行へ行く前って天気予報が気になりますよね。宮古島へ行く1ヶ月位前から僕の日課には週間天気予報確認の業務が加わりました。

が、雨ッ・・・!
連日の傘マークッ・・・!

落ち込む僕にMatchがLINEでこんな事を送ってきたくらいです。

Match
Match

宮古島全部晴れるらしいよ☼

絶望の週間天気予報
Match天気予報

可愛すぎて天気がどうでもよくなりました。(惚気)

撮影当日

伊良部大橋
伊良部大橋

当日は6時55分羽田発で宮古島へ向かいました。

離陸直後の機内放送では「宮古島の天気は晴れ。」とか言ってます。もう諦めていた僕には衝撃の言葉。まじ?雨の間違いじゃなくて?と思っていたら「1時間後には曇ってきて午後には雨が降る予定です。」との知りたくない続報が聞こえてきました。

ハイハイ、中途半端に曇る位なら全日程雨降ってフォトウェディング代返金してもらう方がマシだよね。もうどうにでもな~れとヤケクソになりながら、雨の宮古島での滞在について考えながら過ごす事2時間半。

宮古島に着いたらなんと晴れてるではないですか。

お昼ごはん

blue turtle
Blue Turtleでランチ

さっきまでお通夜みたいな雰囲気の二人は青空を見て大はしゃぎ。

撮影は13時半集合なので、まずは車を借りて渡口の浜にあるBlue Turtleでランチをしました。宮古牛のハンバーグと、ハンバーグカレーとマンゴージュース。ウマイ!

ただ、やっぱり気になるのは午後の天気。予報を見ると午後から崩れると書いてあります。

もう居ても立っても居られなくなった妻が「もう早く行こう!」「もしかしたら撮ってくれるかも!」と言うので、集合時間より1時間早い12時半にお店に伺いました。

フォトスタジオに到着

capry 宮古島
capry 宮古島公式ホームページより

僕達が撮影をお願いしたのは、capry 宮古島さんというフォトウェディングの会社です。口コミが非常に良かったのと、プランの内容とお値段が納得いくものだったのでお願いさせて貰いました。

12時半に着いた僕達は、カメラマンさんの動揺を感じつつも、まずは雨天保証について説明して頂きました。

雨天保証の内容を確認

capry 宮古島さんで保証している雨天の条件は

  • 前日夜時点で当日の降水確率50%以上
  • 当日昼時点で午後の降水確率50%以上

というものになります。前日の天気予報でも、この時点でも降水確率70%の僕達は完全に雨天保証の対象になっていました。

保証内容としては

  • 滞在中に撮影可能な日程があれば調整
  • 一年以内の宮古島再訪時に延期
  • 全額返金

の三択になるそうです。

僕達の場合は、ビーチでの撮影+大自然に囲まれた中での撮影+サンセットでの撮影の3つを予定していた為、必ず日没まで拘束されるプランとなっていました。

仮に撮影を開始して、途中で降雨の場合はどうなるんですか?と質問した所

「部分キャンセルという扱いにして、撮影したプラン分以外は返金します」

と、これ以上無いってくらい良心的な対応を約束して頂けました。その上で

「今はめちゃくちゃいい天気ですけど14時から降雨の予報ですし、日程を変更したところで明日以降も天気予報は雨だし、そもそも今なんで晴れてるのかワケが分からない位なので、どうした方がいいとかについては何も言えません。二人で考えてみてください。」

と仰ってくれました。

最速で支度することに

全ての条件を出してもらって考える事10分。

眼の前にはこの後雨が降るだなんて思えない位の晴天。でも予報通りだとメイクが終わって撮影に出る頃雨が降り出す事になります。返金対応して貰ったとしてもまたどこかにフォトウェディングを申し込まなきゃいけないし、それだと旅費もかかる…。

Match
Match

よし!撮っちゃおうか!

この一言で全員が動きました。

メイクさん
メイクさん

最速で仕上げます!

カメラマンさん
カメラマンさん

可能な限り撮りにいきましょう!

DSK
DSK

じゃあ僕も急いで着替えます!

僕の準備は20分で終わったので、延々ソシャゲをしながら待っていました…。こういう時、新郎側はやることないですよね。

capryの皆様に御尽力頂いたお陰もあって、14時には妻の準備も整い出発出来ました。幸運にもまだ天気は持っています。天気予報では15時から降雨…。急げー。

撮影開始

フォトウェディング
ビーチでの写真

宮古島の天気予報は当たらない事で有名らしいのですが、この日の天気に関しては宮古育ちのメイクさんでさえ意味が分からない天気だったそうです。前日は大雨警報が出る位の土砂降りで、この日も大きな雨雲が来るはずだったのですが、その雲が急にいなくなったと言ってました。

僕達にとっては非常にありがたかったのですが、メイクさんは今日は全部キャンセルだろうと思って寝坊したらこの天気だった為、朝から大変だったそうです笑

その後もなんとか天気が持ってくれたおかげで、ビーチでの撮影が15時半に終わり、移動して大自然フォトの撮影が終わったのが16時半でした。それぞれの所要時間は移動時間込みでビーチが1時間半、大自然が1時間です。

大自然フォトの撮影終了時点でもまだ天気は持っていましたが、さすがに雲行きも怪しくなってきていて、サンセットの撮影開始時刻の18時半まで持つとも思えなかった事もあり、サンセットだけキャンセルさせて頂きました。

ちなみにその後ご飯を食べに行ったところ、18時半頃からとんでもない雷雨になりました。キャンセルしてよかった…。

capry 宮古島さんの神対応に感謝!

今回僕達が満足いく写真撮影が出来たのは、すべてcapry 宮古島さんのお陰だったと言っても過言ではないと思います。僕達のワガママに付き合ってくれただけではなく、写真の仕上がりも本当に素晴らしく、誰に見せても褒められる位の仕上がりになっています。

後日ちゃんと返金も受け取れましたし、もし宮古島でのビーチフォトウェディングを考えている方がいらっしゃったら、capry 宮古島さんは本当におすすめです。

2日目以降に体験した宮古島のオススメスポット

宮古島
UnsplashKumiko SHIMIZUが撮影した写真

2日目以降は曇りと雨でしたので、そんな中でも楽しめたスポットをまとめてみました。ビーチに関しては色々行きましたが、天候が悪かった為ほぼ楽しめていません。

ビーチ

イムギャーマリンガーデン

イムギャーマリンガーデンはアラマンダ・インギャーコーラルビレッジから徒歩10分程度のビーチです。岩場に囲まれた自然のプールの様な場所で、波も穏やかなのでお子様連れの方にはぴったりです。少し泳ぐと珊瑚礁があり熱帯魚も沢山いるので、のんびりシュノーケルを楽しみたい方にオススメです。

シギラリゾート内に宿泊している方であれば、天気を見てからでも行ける立地が嬉しいですね。

食事処

今回の旅行で、宮古島の食事処は大体全部美味しい説が生まれました。

おふくろ亭

おふくろ亭はシギラリゾートの付近にある美味しい沖縄料理を楽しめる人気の居酒屋です。開店30分もすると行列が出来ると聞いていた為、僕達は開店時間に合わせて行ったのですが、開店10分後には満席になっていましたね。海鮮雑炊の量が多すぎて腹がはち切れるかと思いました。

海美来

海美来は池間島にある海の駅内のお店です。ここでは紅芋もちを頂いたのですが、とってもモチモチしていてやみつきになります。また食べたいなぁ。

すむばり食堂

すむばり食堂は池間大橋の手前にある食堂です。ここのオススメは柔らかいタコと美味しい出汁が相まったたこ丼です。こんなたこ料理食べた事無いって位、物凄く美味しかったです。すむばり食堂は宮古島に行ったら是非行ってみて貰いたいお店です。

琉宮苑

琉宮苑はシギラリゾート内にある宮古牛の焼肉屋さんです。こちらのお店はシギラリゾート内の宿泊客でいっぱいなので予約が必須になります。

個人的に琉宮苑で一番美味しかったのは、タンでもハラミでもカルビでもなく、トマトのキムチでした。トマトの甘みとキムチの辛味と酸味が混ざり合って食べたことのない美味しさが味わえます。切実に全国の焼肉屋さんに置いてもらいたい逸品です。

楽園の果実

農家れすとらん 楽園の果実は来間島にある、農家の方が経営している宮古島のマンゴーを使ったパフェやジュースなどが魅力のカフェです。

僕達が行った時期はマンゴーの収穫前だった為、残念ながらマンゴーパフェは頼めなかったので、冷凍マンゴーを使用したマンゴージュースにマンゴープリンとメロンパフェをオーダーしました。

滅多に果物を食べない僕ですら、ここのマンゴージュースは美味しいなぁ!って思う位、濃厚な甘味が最高に美味しかったですね。パフェとかいう食べ物も四半世紀ぶりに食べましたが、とっても美味しかったです。他に頼んだパスタも美味しかったしこの旅行で一番満足した食事でした。

もしまた宮古島を訪れる機会があったら、楽園の果実とすむばり食堂には必ず行きます。

その他スポット

八重干瀬 シュノーケリングツアー

Veltraで予約していた八重干瀬 シュノーケリングツアーに参加しました。

八重干瀬とは日本のグレートバリアリーフと呼ばれる広大な珊瑚礁群です。午前のツアーですとちょっと朝は早いですが、綺麗で広大な珊瑚礁群を見られるなら早起きしちゃいますよね。

僕達が参加した日はあいにくの雨でしたが、天気が全然気にならない程海の中は綺麗でしたよ。3箇所のポイントに連れて行って貰いましたが、遠浅の砂地には鰈などもいて、運が良ければウミガメが見れる日もあるそうです。

ドン・キホーテ宮古島店

普通のドン・キホーテですが、やっぱりなんでも揃う安心感があるので滞在中は毎日の様に通ってしまいました。宮古島のお土産も豊富に取り揃えてあり空港も近いので、帰り際に寄れば一通りのお土産を揃える事が出来ます。

シギラ黄金温泉

シギラ黄金温泉は大きな屋外型温泉施設です。

水着を着用すれば男女混浴(温水プールみたいな感じ)のエリアへ行けます。時間滞が遅かったせいか天気が悪かったせいか、僕達が行った時はお客さんは5人くらいしかいませんでした。広い温泉だからか少しぬるかったですが、ビート板みたいなおもちゃも置いてあるのでなかなか楽しかったです。

竜宮城展望台

竜宮城展望台は先程ご紹介した楽園の果実のすぐ近くにある展望台です。

ここからは東洋一の美しさで知られる与那覇前浜ビーチが対岸に見える美しい景色を見ることが出来ます。ただ、僕達が行った時は嵐の様な風が吹き荒んでいて正直景色どころじゃありませんでした笑

宮古神社

宮古神社は宮古島の中心街・平良にある神社です。

こちらは綺麗な外観の神社で、本州などにある神社とは違った沖縄らしい建物となっています。宮古神社のご利益は金運上昇や商売繁盛など金運にまつわる内容が主になります。

御朱印もいただけるので、御朱印を集めている方は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

他にも魅力的なスポットがいっぱい

僕達の滞在期間中はほぼずっと天気が悪かった事もあり、残念ながら宮古島を堪能しきれませんでしたが、宮古島には他にもいっぱい魅力的なスポットがあります。全て堪能するには1週間じゃ足りないんじゃないかなとさえ思いました。

また島内に川が無い為雨が降っても周囲の海が濁らないので、僕達の様に雨が降って泳げなくとも、綺麗な海をずっと眺める事が出来ます。

大きい虫が多いという点や、道路に草木がはみ出している道が多く見られるのが怖いという点はありましたが、虫が大嫌いな僕達もまたすぐ行きたくなる位魅力の溢れた島でした。宮古島に興味がある方は旅行を検討なさってみてはいかがでしょうか。

oka-otoku
oka-otoku

おまけ

撮影の合間にカメラマンさんに教えて頂いたのですが、宮古島の天気予報は全くあてにならないらしく、Windyというアプリが雨雲の位置や風の流れを見る方が確実だよとのことでした。

僕達もダウンロードして2日目以降使っていましたが、リアルタイムの風や雲の流れを見られるのでとても便利でした。こちらのアプリは無料で使えるのでオススメです。

タイトルとURLをコピーしました